マンションマーケット

400万件を超えるデータから出された相場情報を購入・売却・ 賃貸の検討者誰にでも無料で公開中

マンションマーケットは、2015年8月17日に開始したマンション売却サービスです。

株式会社マンションマーケットが提供しています。

株式会社マンションマーケットは宅建業者として、不動産仲介業務ができる会社です。マンションマーケットのサービスを通じて仲介依頼を獲得することで利益をあげていくビジネスモデルです。

マンションマーケットの特徴・利点

会員登録なしで相場が分かる

マンションマーケットでは、会員登録すると簡易査定が見られます。部屋の「専有面積」「階数」「方位(角部屋)」の3点を入力すると、結果がすぐに表示されます。

この仕組みは、マンションマーケット独自算出で提供されています。

過去の取引事例や近隣の取引事例を元に計算しているそうです。

中古マンション情報サイトで売り出されている物件情報を入力して簡易査定してみたところ、少し安めの査定結果が表示されるようです。

高めの査定を出す傾向の強い中古マンション業界ではめずらしいくらい、辛めの査定になっています。

入力情報の少なさからも分かりますが、正確さを求めるのは難しいので参考情報として実際の価格はきちんと査定をしてもらいましょう。

マップで気になるエリアを簡単にチェック

自動算出された価格を地図上に表示しています。

そこから個別の物件ページにも移動できます。

自宅周辺のマンションをまとめてチェックするときに便利な機能です。

会員登録すると過去の売り出し価格が見られる

無料会員登録すると、過去数年間のマンションごとの売り出し価格が見られます。

「売出価格」はHOME’Sなどの中古マンション情報サイトやポスティングチラシに掲載されている価格で、実際に売れた「成約価格」よりは高めです。

そもそも中古マンションの成約価格はレインズを利用しないと見られないので、一般消費者はなかなか知ることができません。

「売出価格」がどう推移してきたのか知っておくと、自分のマンションの価値が下がりにくいかどうかの判断などに役立ちます。

スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。