ファイナンシャルスタンダード

良い投資信託の選び方を学ぶ

ファイナンシャルスタンダードは特定の金融機関に属さないIFAという形態だからこそ、各商品を偏見なく分析できます。
将来の資産形成や相続に関心のある方で過去に対面証券・ネット証券で運用に失敗したという方。
商品数が多すぎて何を選べばいいか分からない。いつ始めるべき、どのように資産運用を終わるべきかわからない
そんな方は是非無料で相談に来てください!

ファイナンシャルスタンダードはゴールベーアプローチの実践

米国の資産運用コンサルでは常識。
将来のいつの時点でいくら必要か目標(ゴール)を立てて、
一番リスクが少ない運用手法を採用するゴールベースアプローチに基づいた提案をします。

ファイナンシャルスタンダードは相場を読まない

日本では相場の動向を予測して商品を進めるが、
相場を読むことはそもそも無理だし、読めなくても資産形成は出来るのです。

ファイナンシャルスタンダードは長期投資

従来の日本の金融機関は頻繁な売買を顧客にしてもらうことで売り上げを上げていました。
米国では売買に対して手数料は取らず、残高に応じてFeeをいただくモデルが大勢です。

ファイナンシャルスタンダードは全体最適

「何が儲かる」ではなく、目標に対する最適な解決方法を提示します。
そのため運用だけでなく、不動産や相続・事業承継などの対応も行います。



スポンサー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。